湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


大濠公園周辺の古い建物~旧福岡地方簡易保険局・旧中央気象台福岡分台
 福岡市中央区の西に大濠公園という県営の公園があります。
大濠公園
 広さは39.8ha(398441m2)。近くにあって一体管理されている西公園(16.9ha(169907m2))、市営の舞鶴公園(福岡城址・39.3ha(393100m2))と合わせ、福岡市民の憩いの場所として親しまれています。
大濠公園で憩う高校生
 元々は福岡城の堀であった入江(草香江)を一部残して埋め立てた公園だそうで、残された入江は池になっています(参照参照)。
 もちろん入場無料ですが、中にある日本庭園は入園料240円かかります(参照)。
 高校時代に能楽堂と合わせて行きましたがまあ入らなくてもいいような庭園だったような気もしますが入ってみないと分かりません(^_^;)

<旧福岡地方簡易保険局>

 さてこの大濠公園の入口にちょっとレトロな建物があります。
旧福岡地方簡易保険局
 この建物、旧福岡地方簡易保険局で、現在でも株式会社かんぽ生命保険福岡サービスセンター(旧福岡簡易保険事務センター)として使われているようです。
 竣工は1934年。コンクリート造で表面にはタイルが張られています。
 戦後は進駐軍の陸軍病院として接収されていた(参照参照)そうで、結構広いようです。
旧福岡地方簡易保険局遠景
 旧郵政省関連の建物は結構再開発の波に晒されているようですが、ここは大丈夫なのでしょうか?
 これだけ大きいと市が買い取るってわけにもいかないでしょうからねぇ・・・。

<旧中央気象台福岡分台>

 さて、大濠公園の池の中島を歩いて対岸にたどり着くと、福岡管区気象台の裏手に出ます。
 松林の向こうに気象台の旧庁舎が隠れています。
旧中央気象台福岡分台
 資料には現名称として気象台資料室と書かれてますが、どう見ても物置です。
 こちらは1938年に竣工したようです。

 僕が学生の頃まで残っていた鹿児島地方気象台の庁舎はお天気を見るということで窓に特徴がありましたが、こちらも結構大きな窓があります。
旧中央気象台福岡分台

 余談になりますが鹿児島ってこういった古い建物を大事に使う土地柄なんですよね。
 僕の受験会場だった甲南高校や旧鶴丸高校だった鹿児島中央高校、西郷さんの銅像前にある鹿児島市中央公民館や鹿児島市役所なんかは古いですが立派に現役でした。
 鹿児島県庁鹿児島刑務所は移転しましたが、一部が現地で保存されています(参照参照参照参照参照参照)。
 残念ながら旧鹿児島地方気象台庁舎は取り壊されましたが、跡地に建つ鹿児島税務署は気象台のデザインを踏襲しています(参照)。
 山口県を走ったときもあちこちで古い木造校舎を見かけましたし、明治維新のふるさとはそういった部分で共通点があるのかもしれません。


<余談・福岡市美術館>

 さて、管区気象台の近くには1979年に開館した福岡市美術館があります。
福岡市美術館裏口
 1990年に福岡市博物館が開館する前までは福岡市唯一の観光資源といっても過言ではない金印はここにありました。
 当時も福岡市歴史資料館(現福岡市赤煉瓦文化館)や県立の九州歴史資料館(太宰府市)はあったんですがねー。

 まあそれはそれとして、ここの公園側の裏口近くに裸婦像が結構あるんですが・・・。

 普通裸婦象って行ったらこんな感じですよね。
普通の裸婦像
 この人はやせすぎているような。
 これが芸術ってものなのでしょうか?
ちょっとやせすぎじゃないですか?
 この人は何をしているのかよくわかりません。
 ま、まあ、躍動感があっていいですよね。
何をしてるんだろう・・・
 しかしこれはさすがに何か違うような気がします。
ち、ちょっと!!

 ちなみに福岡市内の公立美術館には他に福岡県立美術館福岡アジア美術館があります。
 この前走ってたら福大の近くに福岡東洋陶磁美術館というのも見つけました。他にも色々あるのかもしれません。


【2012年12月20日追記】

 その福岡市美術館。大規模改修が予定されているそうで、19日にリニューアル基本計画が市議会常任委員会に報告されたそうです。
 2015年度から修復工事に着手し、2017年度にオープンする予定です。

 美術館は1979年に「日本を代表する建築家・故前川國男氏」の設計により完成。
 老朽化しているものの外観の変更は最小限にとどめ、「今の静かなたたずまいと、落ち着いた雰囲気を残しつつ、より利用しやすく、親しみやすい美術館にしたい(中山喜一朗学芸課長)」としているようです。

 計画では、大濠公園側の1階に出入口と通路を新設。付近にはカフェとミュージアムショップ(現2階)を配置。
 多目的トイレも新設され、障害者や親子連れが利用しやすくなりそうです。

 また、現在結構手狭な常設展示室や市民ギャラリーを拡充し、空調機器も更新するとの事です。

 ちなみに改修費用は約40億円を予定(福岡市美術館を一新 17年にも再オープン・)。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 福岡市

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/943-16d3392d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。