湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


西鉄社長2007年の展望を語る
 西日本鉄道の長尾亜夫(つぐお)社長が13日の西日本新聞の経済面に出ていました。
 航空貨物部門が伸びるという話の後で、記者は「九州のバス、鉄道は苦しい状況が続く。」といやーな質問をしています。


 特にバスサービスは飛躍的に進歩している。十年前、バスにGPS(衛星利用測位システム)を積み込み、携帯で位置情報を確認できるなど考えも及ばなかった。ただ、ピーク時の四分の一まで利用者が減った地域もある。日本はバス事業などを民営で維持してきた珍しい国。欧米では黒字経営は難しい、という前提があり、住民の『移動の自由』を確保するために税金で補てんしている。将来、日本もマイカーが使えない世代が増えたらどうするのか。地域ごとに議論することが不可欠だ。

 長尾社長は上のように答えたようです。

 うーん。地域ごとに議論というのは、そこの行政と特定の交通事業者が議論するということでしょうか?
 古賀のバス路線廃止騒動の際は、最初に西鉄が廃止と言い出したような気がします。
 その後、行政が住民とコミュニティバスについて考えようとすると廃止を撤回した経緯があったように記憶しています。
 宮地岳線廃止騒動の時も、行政と少し話し合った後に藪から棒に廃止と言い出して話し合う隙を与えなかったような気がします。

 恐らく、古賀市や福津市のローカルバス路線は、今後また見直しされるでしょう。
 本当に地域ごとに議論しようとするのか、見守りたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 西日本鉄道 福津市 古賀市 古賀市内西鉄バス路線廃止問題 西鉄宮地岳線(現貝塚線)

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント
今までの経緯からは…
コミュニティーバスの件はその通りです。
宮地岳線は周知の通り…

期待できないような気がするけどね。
【2007/01/17 07:38】 URL | 主幹 #- [ 編集]

むしろ
こんなに民営のバスが幅を利かせている福岡が特殊というべきじゃないでしょうか?
殆どの大都市は多かれ少なかれ、市営バスや、都道府県営バスのように公営企業が入っていますよ。福岡に市営バスがなく、殆ど一社独占状態なのが変なんですけどね。
そこをすっ飛ばして「日本は…」といわれてもぴんと来ませんが…。

そんなにバス事業が苦しいんだったら、さっさと福岡市に売り渡したら?とおもうんですが…。
【2007/01/17 12:51】 URL | やひ@久留米 #MkWzKcno [ 編集]

そういえば
 福岡市と西鉄の間には以前市内電車を将来は市に譲渡するという約束があったそうです。
 結局西鉄が嫌がってお金を払ってそのまま保有したそうですが・・・。

 ちょっと歴史の皮肉を感じます。
【2007/01/18 01:12】 URL | therapie #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/95-647f7ecb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。