湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


旧末永邸全焼
 通勤途中に末永文化センターという施設があります。
 九州だけでは有名な九州交響楽団の練習場や、福岡YMCA専門学校や美術館などが入居しているようです。

 しかし、奥まった所にあり、興味はあってもなかなか行く機会がありませんでした。

 そもそも、末永さんって何者?

 ひょんなことで、その謎が解けました。


 18日午後0時35分頃、福岡市城南区七隈1、福岡大理事長末永直行さん(87)が所有する空き家の洋館「旧末永邸」から出火。
 木造一部2階建て約250平方メートルを全焼した。負傷者はいなかった。火の気がないことから、福岡県警早良署は不審火とみて調べている。
 関係者の話によると、洋館は末永さんの父が設計し、昭和初期に建てられた。和洋折衷の様式で、戦後は進駐軍の宿舎として使われた。この数十年は空き家で、電気やガスは通っていなかった。敷地内には誰でも入ることができ、洋館には警報装置もなかったという。
 洋館から約20メートル離れた敷地内には、九州交響楽団の本拠地「末永文化センター」があり、約70人のメンバーが演奏会のリハーサルのために集まっていた。同市西区のステージマネジャー森修太郎さん(54)は「雰囲気のいい建物だった。貴重なものをなくした」と肩を落とした。
 119番した会社員男性(61)は「中庭からパチパチと音がし、あっという間に火の手が上がった。直前に小学校高学年くらいの6~7人が洋館の方から興奮した様子で走り去った」と話した。
(進駐軍も使用、昭和初期建築の洋館全焼・2010年4月18日付読売新聞)

 てっきり近所の地主さんだと思っていたら、福岡大学の理事長だったようです。
 ただ、福岡大学の理事長職は世襲制ではないようで、本業は駅弁会社の社長さんだそうです(参照)。
 そんなに大きな会社ではないのですが、私財をなげうって交響楽団の支援をしていたようです(参照)。

 しかしなぁ・・・。と思います。
 その子どもたちは、校区にあるこの空家がそういう歴史的な価値がある建物だとは知らなかったのでしょう。
 もし、その子どもたちの火遊びが原因だとしたら、悲しいことです。
 燃やしてしまったということよりも、近くにそういった貴重なものがあると知らずにいたということが。

 実はうちの人はこのそばで育ったのですが、やっぱりこんな建物があるなんて知りませんでしたからね。

 福岡市などの古い建物を研究しているNPO法人「福岡ビルストック研究会」の吉原勝己理事長(48)は「修復が難しく、写真での記録保存を先週から始め たところ。部屋ごとに技術の粋を尽くした見事な建物で、火事に遭ったのはショックだ」と話した。
(昭和初期の名建築「旧末永邸」全焼、放火か 福岡・2010年4月18日付朝日新聞)

 つまり、この建物はいずれ取り壊される運命だったのでしょう。
 修復が難しく記録保存を始めたところだったという事ですから。

 今回火災になったから注目されたのですが、そうでなければ注目されることなく消えていたのかもしれません。
 そういう建物も多いんでしょうね。

【2010年5月21日追記】

 この原因となった子どもたちがわかったようです。

 福岡市城南区七隈1丁目で4月、洋館「旧末永邸」が全焼した火事で、福岡県警は20日、同市早良区の中学生2人を非現住建造物等放火と住居侵入の非行事実で福岡市児童相談所に書類送致し、発表した。また小学生6人を住居侵入の非行事実で同相談所に通告した。
 早良署によると、送致されたのはともに13歳の中学2年の男子生徒2人で、通告されたのは8~10歳の小学3年生と5年生の男児6人。
 8人は4月18日午前11時半ごろ、旧末永邸に侵入した疑いや、同日午後0時35分ごろ建物に放火し、木造2階建て住宅を全焼させた疑いがある。1階の床やカーテンにオイルをまき、窓の外から使い捨てライターで火をつけたらしい。
 8人は遊び仲間で、男子生徒2人は「ちょっと燃やしてみようかと言って燃やした。燃え上がるのをよく見ずに、怖くなって慌てて逃げた」と話しているという。
 旧末永邸は福岡大学の末永直行理事長(87)の元の住宅。関係者によると、末永氏の父親が設計した昭和初期の洋館で、ここ数十年は空き家だった。普段から近くの人が周囲の木立や芝生に散歩に訪れ、子どもたちも出入りしていたという。
(小中学生8人、洋館放火など非行事実 福岡県警・2010年5月20日付朝日新聞)

 何ともやりきれない話です。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/953-5bfefabf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。