湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


新福岡市長・市営地下鉄民営化を検討
 新しく福岡市長に就任した高島宗一郎氏が、福岡市営地下鉄の民営化を検討するそうです。


 7日就任した福岡市の高島宗一郎市長は記者会見で、市営地下鉄の民営化を検討する方針を明らかにした。選挙で訴えた発信力を具体化する「広報戦略室」の新設も明言した。焦点の副市長人事は、2人体制を当面維持する考えだが、市議会との関係で火種になる可能性もある。
 「市職員の大量退職時代に合わせ、民にできることは民にお任せし、痛みを伴わないで行政をスリム化する一例として、検討作業を始めたい」。高島市長は市営地下鉄民営化の意義についてこう述べ、「民営化で利便性が高まり(マイカーからの切り替えが進んで)天神の渋滞問題解決にも寄与すれば」と展望を示した。
 ただ、市交通局によると、箱崎線や七隈線の駅業務などは既に民間委託しており、人件費削減などの余地は大きくない。国内で公営地下鉄の資産を譲渡して完全民営化した例はないという。
 「広報戦略室」は市長室直轄で、現在の広報課と広聴課を吸収する形を想定。「市内外に情報発信し、福岡市に価値を付ける機能を持たせたい」と狙いを語った。
 選挙で支援を受け、市議会で過半数の議席を占める自民党、公明党、みらい福岡の3会派が水面下で3人体制を求めていた副市長人事について、高島市長は「来春までは触らない」と強調。吉田宏前市長が起用した高田洋征、〓川洋の両副市長から登庁後に辞表を受け取ったが、慰留したことを明らかにした。
 副市長人事に関する言動に対し、3会派は「市長の専権事項であり、よろしいと思う」(小畠久弥・自民党市議団会長)と平静を装ったが、自民党のベテラン市議は「自分の力を過信し、われわれから離れようとしている」と冷ややかな反応を見せ、政策を実現する上で鍵を握る議会との関係に影を落とした。

※〓は「雨かんむり」に「隹鳥」
(「地下鉄民営化を検討」 高島福岡市長就任会見・2010年12月8日付 西日本新聞朝刊)

 交通局の言うように、既に駅業務等を民間委託しています。
 僕は全線だと思っていましたが、箱崎線と七隈線だけでした。そこは意外ですが。

 とりあえず意味が分からないので、記者会見の全文を探してみます。

記者
 先ほどの訓示の中で,スピード感と経営感覚が大事とおっしゃいましたが,選挙戦の中で,市営地下鉄の民営化ということをおっしゃっていたかと思いますが,それに関してはどう進めていかれるお考えですか。


市長
 これに関しては,2つのポイントから具体的な一つの例として上げてみたのですが,まず一つは,これから福岡市役所の職員が大量退職の時期を迎えます。かなりの人数,4,000人,5,000人と人間が減っていく中で,このピンチをいかにチャンスにするかということが大事だと思うのです。私はこの大量退職に合わせて民にできることは民に移していく,そしてスリム化をしていく,これが一番痛みを伴わずに,しかも行政改革ができるといったアイデアだと思っているのです。そういう作業を進める中の一つとして地下鉄というものも,いま現在,民間に委ねている部門も当然あるわけなのですが,こういった作業を進めていくことにより民営化ということができないか,その検討作業を始めたいというのが一つです。
それからもう一つが,交通体系全体の問題です。福岡市の交通をどうしていくか。天神の渋滞問題というのは皆さんが思っていることなのです。これを何とかしなければいけない。こういったものをそれぞれJR,地下鉄,西鉄,タクシー,それから乗用車をどうするかといったものも含めて,トータルで交通体系をどうこれからつくっていくのかを考えていく作業の中で,地下鉄の民営化ということがもしできたならば,その役割分担というものの中で天神の渋滞の緩和といったものにも寄与するかもしれないといった検討を始めていこうというニュアンスで言いました。
(12月7日 市長就任会見・2010年12月9日付福岡市役所)

 ちなみにどうやら当面は犯罪対策に取り組むとのことですが、新聞にはあまり出ていません。
 ただ取り締まるだけではだめと言ってますので、何か有効な腹案があるのかもしれません。

 さて、肝心の地下鉄民営化です。
 高島市長の言っていることは分かりにくいですが、市職員削減と市内交通の再編という2つの理由を挙げているようです。

 先ほども書いていましたが、「箱崎線や七隈線の駅業務などは既に民間委託しており、人件費削減などの余地は」あまりありそうにありません。
 そもそも、公務員削減という時に必ず現業の職員から切るのはなぜなんでしょう。
 事務職に切り込む政治家がほとんどいないのが不思議で仕方ありません。

 しかし、市内交通の再編という意味ではメリットはあるかもしれません。
 例えば、地下鉄の運営を西鉄に委託すれば、地下鉄とバスの乗り継ぎが便利になるかもしれません。
 市内のバスと地下鉄乗り放題なんてパスができるかもしれません。
 まあ、西鉄電車と西鉄バスの連携ぶりを見ればそんなことはなさそうですが。

 でも、地下鉄の運営をJRに任せると、筑肥線と地下鉄を乗り継いだ際の運賃は下がるでしょう。
 初乗りが2回発生するのが1回になりますから。

 まあ、どうなるのか見ていこうと思います。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 福岡市地下鉄空港線(1号線) 福岡市地下鉄箱崎線(2号線) 福岡市地下鉄七隈線(3号線)

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/976-46533e2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。