湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


自民党古賀市議団(3)
 自民党古賀市議団について3回に渡って書いてきました(前回)が、実はこの公的には存在しない団体名を最初に議場で記録に残る形で口にしたのは意外な人物でした。


◯ 議員(3番 奴間 健司君) もう1点最後にお尋ねしますが、この意見書の文案の中の表現についてちょっと確認したいんですが、これはまた、自民党の郵政事業懇話会、綿貫さんが会長なんですけれども、4月6日に、現在の郵政公社が最終的な経営形態であるということを確認して政府の民営化方針に反対することを確認したと報道されております。私、自民党市議団の皆さんより自民党内の情勢に詳しくなっているんじゃないかなというふうに自負しているわけなんですが、野中広務さんという方の声もつい最近聞くことがあったんですが、あの方は、自分は抵抗勢力と呼ばれたということでですね、小泉さんは最近もう抵抗勢力はいなくなったと言っているわけですが、そういう中で、現在の郵政公社が最終的な経営形態だという確認をされた自民党の郵政事業懇話会、今回の意見書の中には、郵政事業の現状の経営形態を維持するようにという文言がございます。ですから私は、これを見たときに、公社までは来たけれども、意見書の趣旨は、自民党郵政事業懇話会が確認されたという最終的な経営形態だという認識と今回の意見書の「現状の経営形態を維持するように」ということは、私は同じ意味というふうに理解したいと思うわけであります。
 ですから、これは意見書を出されるにはいろんなことを配慮して出される立場であることは十分理解しての質問ですので、読まれたとおりですというお答えをしていただいても結構です。しかし、政府・与党の、あるいは各省庁の中での激しいやりとりの中では、この形態が最終的なんだということでの論争は現実にあるということを私は知っておきたいなというふうに思うので、提出議員にはとことん問い詰めるという立場は取りませんので、私は、当面この形態を見るということは、見た結果、それで固定するのか、次に進むのかというのは未知数ですけれども、現状では、この公社の経営形態が望ましいというお立場で提出されているものというふうに理解しておきたいなと思うんですが、一言御説明いただければと思います。
(参照)

 これは、2004年6月10日に行われた平成16年第2回定例会(第2日)での奴間議員の質問です。しっかりと「自民党市議団」と言っています。

 聞いた話ですが、現在市議の過半数が自民党員になっており、それ以上の市議が地元選出の自民党所属国会議員の後援団体(親睦団体のようなものらしいですが)に所属しているのだそうです。
 そして、保守系議員自民党員化の中心人物が松島議員だということです。

 これは推測ですが、松島議員は良くも悪くも古賀市議会を政党主導の現代的な形にしたいのではないかと思います。
 あのように無理やり「自民党古賀市議団」と連呼したのも、そのためのアピールなのではないでしょうか?

 次の市議選挙では、民主党と社民党の公認も1人ずつ立候補するそうです。共産党については知りませんが、公認候補を立てるのは間違いないでしょう。
 また、連合の推薦を受ける議員も3人ほどいるそうです。
 こういった形になるのはある意味分かりやすく、歓迎すべきことだと思います。

 ただ、上意下達式の議員が増えては困ります。強い政治家に付いた方が利権もあるし将来も安泰だという考えの議員が増えては困ります。
 一番庶民に近い政治家は市区町村議員なのですから、誇りをもって活動していただきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 古賀市 古賀市政 地方自治 政治

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント
政党主導ねぇ
議会を政党主導にするのは勝手だが、何か忘れてないかい?
オレは松島市議にそう言いたい。

たなみに、20人の議員中、「自民党古賀市議団」と言われる市議は9人。
それに公明党古賀市議団の2名を加えば与党系議員で過半数です。
【2007/01/21 01:35】 URL | 主幹 #- [ 編集]

9人もですか
 って、以前聞いたような気もする・・・。
 確かに過半数になる勢いですから知っていた方が良いのかもしれませんね。

 でも、そうなってくると野党系も気になりますね。
【2007/01/23 00:39】 URL | therapie #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/99-48ccdf3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。