湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


高齢化社会は別の意味でヤバい
 説教する人が、好きになれません。
 と言うか、アホじゃなかろうかと思うわけです。

 相手がやり方を知らないのであれば、説明すればいいことです。
 相手がやり方を知っているのに、過失や環境的な要因によってできなかったのであれば、原因を追究すべきです。
 相手がやり方を知っているのに、わざとやらないのであれば、なぜやらないのかを追求すべきです。
 説教は、どの場面にも当てはまりません。

 そう考えると、説教する人は理性的な思考ができていないという事になります。
 単純に、相手を支配したいためだけの様な気がします。
 そうなると、原因追及は造反と捉えられます。俺に従わないからだという事ですからね。
 従って、原因追及ができず、組織は停滞します。

[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:現場職員のぼやき・悩み - ジャンル:福祉・ボランティア

仲良しグループ
 先日、気分転換に福岡大学の図書館に行きました。
 とはいえ目的は特になく、ジャーナルのコーナーをうろうろしていると、他大学の研究紀要のコーナーがありました。
 で、目的もなく鹿児島大学教育学部研究紀要を読んでいると、中学生の仲間集団の排他性に関する研究というものにぶち当たりました。

 玄人的に書くと、有倉(2011)とでも書くのか。

 仲間集団の排他性って、中学生だけじゃないよね~(関連)。

[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:心理学いろいろ - ジャンル:心と身体

悪は抹殺すべきか
 月曜日は、泣きながら「いやだいやだもういやだ」と呟きながら帰っていました。
 自転車に乗ると、そんな言葉が口をついて出てきます。
 しまいには泣き叫ぶ感じでした。

 火曜日も朝からその続きでしたが、夜に同僚と利用者さんの支援について話し、かなり改善されました。
 しかし、同僚の狭量な善意の押しつけに辟易したまま水曜日を迎え、辟易したまま一日を過ごしました。
 このような事を考えると、同僚の押しつけがましさばかり目に付くようになり、自分の方が狭量になってしまいますが、止まりません。

 結局、疑心暗鬼になったのを木曜日朝まで引きずって頭痛で遅刻。モヤモヤしたまま過ごしました。
 木曜日の夕方からやや回復したのですが、金曜日の夕方には顔色が悪いと言われ、その通りに夜にはやや落ちました。
 まだまだ本調子で回復しているわけではないようです。

[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:心理学いろいろ - ジャンル:心と身体

キャラ得
 キャラ得していると言われました。
 僕は僕のキャラクターによって、得をしてるのだそうです。
 他の人がすると許されないようなことも、僕がしでかしたらつい笑ってしまって許されてしまうのだそうです。

 確かにその通り。
 僕は日々、色々ヘマをします。
 中には冤罪も言いがかりもありますが、基本的に毎日ヘマをしていると見ていいと思います。
 でも、それが案外許されてしまうことが結構多いように感じます。

 許される人と許されない人を比較研究して本でも書けば、色々儲かるのでしょう。
 面倒だからやりませんが。

[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:心理学いろいろ - ジャンル:心と身体

ピーターの法則
 利用者の方と、料理サークルをしたいって話になりました。
 ところが、公民館の利用が年々厳しくなっているらしく、青年センターもなくなってしまっています(関連)。
 どっかないかと思って考えているうちに、企業ショールームは使えないものかと思い至りました。

 で、各社調べてみました。
 まずは、九州電力
 どうやら、イリス福岡というものと、eキッチンスタジオ福岡というものがあったようです(参照)。
 eキッチンスタジオ福岡というのは、福岡市中央区薬院にあったようで、以前はよく前を通っていました。
 ところが、どうやらなくなってしまったようで、公式サイトには記載されていません。
 イムズビル6階にあったイリス福岡は、2013(平成25)年3月1日に閉店したとのことです(参照)。

 次に、西部ガス
 ショールームの貸し出しについては記載がなかったのですが、浄水通にある食文化スタジオなるものにはイベントに使えるスペースがあるようです。
 ただし、どうやったら借りれるのかは分かりませんでしたが(^_^;)

 そして、旧パナソニック電工
 パナソニック リビング ショウルーム 福岡というのが薬院にありますが、やはりこれも借用できるか不明。
 TOTO福岡ショールームも同様でした。
 くそー。甘かったか。

[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:心理学いろいろ - ジャンル:心と身体

「配慮」なんてされたくない
 先日、久しぶりに裁判の傍聴に行きました。
 脅迫、暴行事件という事でしたが、聞いてみると所謂パワハラのようです。

平成28年7月20日
甘木・朝倉消防本部

懲戒処分の公表について

 平成28年7月15日付けで職員の懲戒処分を行ったので、「朝倉市職員の懲戒等処分に関する指針」を適用し次のとおり公表します。

1 被処分者の所属等、処分内容及び処分の理由
 (1) 被処分者 総務課付 主査 40歳 男性 消防士長
 (2) 処分の内容 脅迫、暴行容疑で逮捕、起訴されたため停職(6箇月)
 (3) 処分の理由 地方公務員法第29条第1項第1号及び第3号 

2 事案の概要 
被処分者は、警備第1課救助係主査であった平成27年に部下職員に指導をしていたが、部下職員が家族を通じて被処分者の上司に指導の問題を申し立てたことに腹を立て、平成27年12月3日、公務外に部下職員を呼び出して執拗な暴言を吐き、手の平や雑誌で数回叩くなど、脅迫、暴行を行った。この行為で平成28年6月20日福岡地方検察庁において逮捕され、平成28年6月21日に起訴された。
(参照)

 地元消防団の掲示板では、「被害者」側と「加害者」側で色々意見があるようです(参照)。
 傍聴した印象では、「被害者」の指導は大変だったんだろうなという印象を与えるのに、弁護士がかなりいい仕事をしているなという感じです。

 それにしても、終わった後廊下で「ありがとうございました。」と検察官に頭を下げていた人たちは何者なんでしょう。
 しかも、検察官が、「ここでは何ですので・・・」とどこかに連れて行っていましたが、なんだったんでしょう。

 ちなみに、人事院による国家公務員の懲戒処分の指針はこちら。

  (5) 職場内秩序を乱す行為
ア 他の職員に対する暴行により職場の秩序を乱した職員は、停職又は減給とする。
イ 他の職員に対する暴言により職場の秩序を乱した職員は、減給又は戒告とする。
  (3) 傷害
    人の身体を傷害した職員は、停職又は減給とする。
  (4) 暴行・けんか
    暴行を加え、又はけんかをした職員が人を傷害するに至らなかったときは、減給又は戒告とする。
(懲戒処分の指針について - 人事院)


[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:心理学いろいろ - ジャンル:心と身体

孤独感についての一考察
「俺は、孤独だ!」
 そう愚痴をこぼされることがあります。
 僕が愚痴を聞いている事を、彼は意識していません。
 それに気づき、僕も孤独感を感じます。

[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:心理学いろいろ - ジャンル:心と身体

「女子力」について考える
 先日、勤務先のお客さんが還暦を迎える事が分かりました。
 還暦祝いをしないとねという話になりました。

 ところが、ある同僚が、還暦祝いというものは、還暦を迎える本人がお金を出すものだと言います。
 たかる気満々です(^_^;)

 調べてみると、やはり還暦を迎える人が祝ってもらう前提で書かれているサイトも結構あります(参照参照)。
 現状では、子どもたちが主催してお祝いするのが多いようですね(参照)。「本人や親族が主催してごく内輪の集まりにするパターンや、趣味や仕事の関係者など親族ではない人たちで大々的に祝宴を催すなど、さまざまな方法があ」るのだそうです(参照)。

 ところが以前は、本人または家族が主催して、お客様を招いてもてなす物だったようです(参照参照参照)。
 つまり、自らの長寿を周囲に感謝する催しから、周囲が本人の長寿を祝う催しへと変化してきたようです。

[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:心理学いろいろ - ジャンル:心と身体

刑事裁判を傍聴してきました(完結編)
 先日書いた鈴木伸元 性犯罪者の頭の中に出ていたアメリカででの研究による性犯罪者の4つのタイプについて紹介しておきます。

パワー主張型(power assertive)
・女性を支配し、犯行を通して自分が「男らしい」ことを誇示したい潜在的欲求がある
・既婚者または恋人がいて、そこで支配関係を築いている
・普段はお洒落な車を乗り回し、身だしなみもきちんとしている
・犯行時刻は夜7時から深夜1時にかけてが多い
・バー等で飲みながらターゲットを物色し、店を出てから犯行
・犯行は残忍。被害者の衣服を剥ぎ取り、あらゆる方法で暴力をふるう
・ひとつの犯行から次の犯行までの周期は20~25日程度
・低い自己評価

パワー再確認型(power reassurance)
・両親や母親と一緒に暮らし、ガールフレンドはいない独身者が多い
・徒歩移動が多い
・自宅や職場周辺で犯行に及びやすい。移動手段を持っていても、活動範囲は広がらない
・ターゲットが決まると、何日も行動を観察し、犯行のタイミングを待つ
・犯行時刻は深夜0時から早朝5時にかけてが多い
・夏の暑さなどで開け放したままの窓から侵入する
・自分で衣服を脱ぐように求めたり、犯行後に被害者の家に電話したり、同じ被害者を相手に犯行に及ぼうとする

怒り報復型(anger retaliatory)
・女性に対する強い「怒り」
・母親からの愛情に対する強い渇望感
・自分を強い男と感じたがっている
・普段の生活でも人付き合いがよく、集団の中でもリーダーシップを取ることが多い
・スポーツ選手のように行動的
・結婚していても他に愛人がいることが多い
・犯行の周期は半年以上
・自分と年齢の近い女性がターゲット
・場当たり的な犯行

怒り興奮型(anger excitation)
・結婚していることが多い
・普段は社交的で平均的な社会人
・犯行は用意周到
・ターゲットを尾行して生活パターンを把握
・目撃者がおらず、捜査は困難
・犯行は暴力的。被害者への感情はうかがえない
・被害者が傷ついている姿を見て喜ぶ。その後殺人にまで及ぶケースも
・周期的ではない


[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:心理学いろいろ - ジャンル:心と身体

刑事裁判を傍聴してきました(後編)
 先日、シッコを見ました。
 アメリカ怖いねー。

 国民皆保険は、世界に誇れる制度だと国会で安倍ちゃんも言っていました。
 まあ、つまり、福津市のおかげってわけですな(参照参照)。

 さて、国民皆保険と言いながら、なぜか存在する無保険な方々。
 国民でない旅行者等には行旅病人及行旅死亡人取扱法が適応されます(参照)が、保険料を払えずにいる無保険者も救済できる制度というのがあるらしいです。

 その名も、無料低額診療事業
 全国で260施設で行われているそうで、そのうち、済生会が77か所(参照参照)。民医連系が384か所(参照)なのだそうです。

 福岡市では、福岡県済生会福岡総合病院(参照)と公益社団法人 福岡医療団(参照)が行っているようです(参照・北九州市についてはこちら)。

 薬代には適応されないとかいろいろ問題もあるようですが(参照)、知っておいて損はない制度だと思います。

 そんなこんなで、前編の続き。

[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 恋愛 心理学

テーマ:心理学いろいろ - ジャンル:心と身体






当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。